2016年6月18日土曜日

【関西弁をしゃべらない中国人のマンガ「ファンファンちゃん!」】

今週は、関西弁をしゃべらない中国人のマンガです!!(え、普通じゃん)


申し訳ないです。諸般の事情で今週は新作が書けませんでした(泣

と、言うことで、原作(中国語版)の1話目と2話目を試しで載せてみます。


「試し」とはどういうことか?

つまり、この2つの話は日本語版1話目の「はじめに・・・」を描いた関係で、

そもそもここには載せないつもりでした。

ですので、ファンファンは訳していません。


そうです。つまりはファンファンに中国語訳や、関西弁に直していない、

最もオリジンな状態(純度100%の山田裕太作品)の「ファンファンちゃん!」を載せたいと思います

題して、【関西弁をしゃべらない中国人のマンガ「ファンファンちゃん!」】です

はい、一周回って非常に当たり前のタイトルになりましたね!

ではごゆっくり!!





クリック☞ブログランキング・にほんブログ村へ ☜クリック




どうでした?

中国人なのに三国志知らないとかびっくりしました?

というか、やっぱり関西弁じゃないと違和感ありますか?笑

むしろこっちの方が好きですか?笑


今回の感想で、何かいろいろなことが分かりそうなので笑

ぜひ感想をください!


あとこっちも押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ 

押してくださった方、いつもありがとうございます。
変なページに飛びますが、皆様が変なページに飛ぶことで、僕らのやる気が生まれます

ありがとうございます


来週は新作書きます

2016年6月12日日曜日

色々食べたいヤンケ

※このマンガは中国人の女の子が
ちょっとおかしな関西弁で喋ります。
予めご了承ください(汗) 詳しくはこちら


メタボだの、妊婦だの、一番かわいくて、ポッコリおなか(そのまま過ぎる)だの、

言いたい放題いわれて久しい僕のおなかの原因・・・

それはファンファンだ!(いや違う)


それは冗談にしても、ファンファンはいろんなものを食べたい派

大事なのは品数なので、こういう事態によくなります。


日本で外食して、あれやこれやを頼むと結構な額に行きますよね・・・

だから、ファンファンのお気に入りは定食屋(お代わりしないのにやよい軒が大好き)

ちなみに定食という販売方式は外国では珍しいようで、

一つの注文で、あれやこれや出てくるので、日本語が得意ではない方でも満足!だそうです。

とにかく、量ではない!数なのです!

雀の涙ぐらいの和え物でも、ある方がうれしいのです。


ところでみなさん、中国の方がやってる中華屋で、いわゆる定食じゃない、一品料理を注文したことありますか?

おそらく、各国の料理で、最も一品料理の量が多いのは中華です。

一皿で、「※3人前」とか注意書きがしてあるレベルの量が出てきます

僕とファンファン二人で食べに行ったときは5,6品注文しました。


ほかの店だったら、まあ、平均か、少し少ないくらいだと思いますが、

中華はダメです。とても食べきれない量出てきます。


どうすんだよ!とか思うのですが、

素晴らしいですね。基本全て持ち帰りできます

というか、向こうではこれが基本スタイル。

「残すのが礼儀」とは聞いてましたが、

つまりは食べきれない量をふるまい、持ち帰って奥さんを楽に、そして家族を喜ばす

これが中国の「おもてなし」なのかなあと思いました。


とにかく中国は領土も、人口も、料理に使う油の量も、おもてなしも基本はマッシブ!豪快!

相手のことを思いやる繊細な日本人の精神も素晴らしいけど、

たまにはこういう豪快なもてなしも痛快なんじゃないですかね


そんなわけで、とりあえず、僕はポッコリおなかをすっきりおなかにするべく、そして、ファンファンの円卓文化攻撃を迎え撃つべく、この夏は低炭水化物ダイエットにいそしみたいと思います。

結果にコミットするぞー(???)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑こっちは分かりやすいです。押していただけたら結果が出ます笑
皆さまこそ僕らのライザップ!(謎


また来週!

2016年6月5日日曜日

ニワトリちゃんいっぱいいるネンデ!

※このマンガは中国人の女の子が
ちょっとおかしな関西弁で喋ります。
予めご了承ください(汗) 詳しくはこちら

ファンファンと妹(本当は従妹ですが、一緒に住んでいたこともあるので、ファンファンはそう呼びます)は仲良しです。

考えれば考えるほど腑に落ちないこの嫌がらせは、ファンファンが日本に来てから。

妹に初めてニワトリの写真をWeChat(ザックリし過ぎですが中国版Line)で送ったとき、特に説明もなくファンファンは送りました。

妹は全く意味が分からなかったそうです。

そりゃそうだ。

年男や年女ならまだしも、

全然関係ない年にいきなり自分の干支の動物の写真(しかも干支に関係ありそうな、絵馬とかでもない、ただのぬいぐるみ)を送られて

「親近感沸かない?」だと?


コミュニケーションの取り方が高度すぎます


「何送ってんのよ、お姉ちゃん」だってヒドくない?

ファンファン、このパスはそう簡単に返せるもんじゃないぞ。


しかし、まあ、時というのは移ろいゆくもので。

初め感じていた違和感も、自然とあいまいに、そして無くなって行き、

最近は「かわいいね」って返してくれるようになったそうです。

コミュニケーション成立です

仲いいネ。



だからね、ファンファン

俺にもいきなりニワトリの写真とか送らなくていいからね。

今週のデート、どこ行くか決めて無かったのは謝るけどね。

うん、俺が考えるとは言ったけどね





コケ―ッ!


だもんで、クリックよろしくコケーッ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ 


また来週!